金価格と原油の関係 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金価格と原油の関係 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金価格と原油相場

国際商品相場の代表となっている金価格相場と原油価格相場は、1980年代から90年代の円高のおかげで価格水準は今まだ上昇を続けています。
株も戻ってはいますが、それほどたいした上昇ではありません。

最近はキモノトレーダーと呼ばれる在宅主婦の財テクが流行っていますが、FXや為替相場に手を出すには、金価格相場、原油価格相場、穀物価格相場など、いろいろな経済情報を知らないと成功はしません。

調査会社のポーラー・パシフィック・キャピタルは、世界の経済成長の伸び悩みから原料需要が後退していることを理由に、金価格相場と原油はピークに達しているとの見解を示しています。

商品相場が下落しているため、株式市場に投資家の関心が移行する可能性があるとしているのです。

「金相場|原油価格:無料チャート」のサイトでは、金価格相場や原油価格のチャートを紹介しています。

金投資の入門サイトや、専門家による金価格相場や原油価格に関する情報サイトなども紹介しています。
チャートは無料で利用できますので、金価格相場や原油価格をチェックしてみてください。

金相場と原油の関係

国際商品相場の代表となっている金相場原油相場は、1980年代から90年代の円高のおかげで価格水準は今まだ上昇を続けています。
株も戻ってはいますが、それほどたいした上昇ではありません。

最近はキモノトレーダーと呼ばれる在宅主婦の財テクが流行っていますが、FXや為替相場に手を出すには、金相場原油相場、穀物相場など、いろいろな経済情報を知らないと成功はしません。

調査会社のポーラー・パシフィック・キャピタルは、世界の経済成長の伸び悩みから原料需要が後退していることを理由に、金相場原油はピークに達しているとの見解を示しています。

商品相場が下落しているため、株式市場に投資家の関心が移行する可能性があるとしているのです。

「金相場|原油価格:無料チャート」のサイトでは、金相場原油価格のチャートを紹介しています。

金投資の入門サイトや、専門家による金相場原油価格に関する情報サイトなども紹介しています。
チャートは無料で利用できますので、金相場原油価格をチェックしてみてください。

金価格の暴落と原油価格

金価格の暴落は、原油の暴落に連動しているのですが、なぜかその後上昇に転じます。これはなぜなのでしょうか?

世界恐慌の時(1929年)、金鉱株は約10倍になりました。現在、原油価格の上昇や下落の動きに連動し、金価格も同じ動きをしています。
つまり、原油価格が高騰している今は、金価格も高騰しますが、原油価格が暴落すれば、金価格も暴落するのです。
この原油価格の変動と、金価格の暴落にはあきらかな相関関係があるのです。

原油が暴落すると、米国が恐慌に陥るため、それに伴って金価格も暴落しますが、あるところから上昇に転じます。
すると、この時の金価格の下落は暴落ではないと思われます。

しかし、原油が暴落すると、米国が恐慌に陥るのはなぜなのでしょうか。
NY原油高は、ガソリンが値上がりすると市民の生活に多きな影響を与え、住宅ローンの返済も困難にします。そして、もちろん他の消費も減らします。
そうすると、景気が停滞し、米国全体の消費が冷え込みます。
結果、NY原油の消費が激減し、価格は暴落します。
それで、恐慌へと進んでしまうのです。