金価格の変動は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金価格の変動は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金地金の相場とは?

金地金の相場は、これからも上昇するだろうと予想されています。
金は長期的な資産の運用方法としては魅力的な商品だと思います。

金地金の相場が変動する理由は、基本的には需要と供給のバランスにありますが、それだけではありません。

昔から政治が不安定な時は金が買われると言われます。
経済が不安定になると、価値が無くならない投資先に資金が流れます。
つまり株式が不安定になったり、世界経済の先行きに不安が生じた場合には、株式市場や投資信託などのリスクの高いものから、比較的価格の安定した金に資産が流れると言うことです。

そうすると、金地金の相場は上昇します。
勿論これにもリスクはありますが、株券は紙くずになってしまうことがありますが、金は資産価値が無くなることがないので、投資家にすれば安心を買うと言ったことになるのではないでしょうか。

しかし、どんな投資でも買い時や売り時の判断は難しいですが、金地金の相場に関してもそれは同じです。

金地金の相場を知るには、日々の動向を見る事も大切ですが、中期的な推移も把握する事も必要です。

金相場を予測する

金相場を予測している方の意見を見てみましょう。

「’08年金相場見通し」と言うジム・ロジャーズ氏のブログ記事を見てみると、「しばらくの間下落するが、その後再び上昇し、現在よりもさらに高値になるだろう」と金相場の予測をしています。
これまでの異常な高騰から将来の金相場の予測をすると、今後一時下落し、そして、その時が投資の絶好のチャンスで、その時に金を買おうと考えているようです。

「いちカイにヤリ」踏み上げ太郎さんは、今後の金相場の予測をこのようにしています。
金鉱株の割安が続いているので、アービトラージの絶好のチャンスなのだそうです。
また、楽天証券では、「現在の金価格はインフレ修正後の価値に換算してみると1980年の高値より安い水準」と分析したレポートを発表しています。

また、春山昇華さんはブログ記事「ゴールド、The Power of Gold」で、金は、工業的には価値が下がっており、以前と比べれば実用性が低くなってきている金属なので、あとは、人々の心次第でどうにでも動くだろう」と、将来の金相場の予測をしています。

金相場の下落の影響

金相場の下落は、原油の下落に連動しているのですが、なぜかその後上昇に転じます。
これはなぜなのでしょうか?

世界恐慌の時(1929年)、金鉱株は約10倍になりました。
現在、原油相場の上昇や下落の動きに連動し、金相場も同じ動きをしています。
つまり、原油相場が高騰している今は、金相場も高騰しますが、原油相場が下落すれば、金相場の下落も起こるのです。
この原油価格の変動と、金相場の下落にはあきらかな相関関係があるのです。

原油が下落すると、米国が恐慌に陥るため、それに伴って金相場の下落が起き、あるところから上昇に転じます。
すると、この時の金相場の下落は暴落ではないと思われます。

しかし、原油が暴落すると、米国が恐慌に陥るのはなぜなのでしょうか。
NY原油高は、ガソリンが値上がりすると市民の生活に多きな影響を与え、住宅ローンの返済も困難にします。
そして、もちろん他の消費も減らします。
そうすると、景気が停滞し、米国全体の消費が冷え込みます。
結果、NY原油の消費が激減し、価格は暴落します。
それで、恐慌へと進んでしまうのです。

今後の金相場は?

金相場のチャートを見れば金相場の推移がわかるので、それまでの金相場の傾向をつかみ、今後の金相場を予想することができます。

金の価格や金相場の推移がわかるサイトには、日本金地金流通協会、石福金属興業、UMITOMO GOLD、三菱ゴールドパーク、徳力本店、などがあります。

田中貴金属工業さんのサイトでは詳しい金相場情報が公開されていて、金を扱う人の多くがその情報を参考にして、金相場の今後を予想しています。

田中貴金属工業さんのサイトでは、過去一ヶ月の日時の金相場推移のチャートも掲載されていてるので、詳しい金相場の推移情報が得られ、今後の金相場の予想にとても役立ちます。

金は、株式や債権などの他の金融商品の値動きと反対の動きをすることが多いため、今後の金相場を予想するためには、金の相場情報だけでなく、他の金融商品の情報を見ることも大切です。

そして、金相場の情報を得るには、日々の金相場の細かい動向を見る事も大切ですが、中長期的な推移を把握する事も今後の金相場を予想するためには必要です。

それぞれの金相場の見通し

世界中の金相場がこの先どのように動いていくのか、金相場の見通しをしている方の意見を見てみましょう。

「’08年金相場見通し」と言うジム・ロジャーズ氏のブログ記事を見てみると、「しばらくの間下落するが、その後再び上昇し、現在よりもさらに高値になるだろう」と金相場の見通しをしています。
これまでの異常な高騰から将来の金相場の見通しをすると、今後一時下落し、そして、その時が投資の絶好のチャンスで、その時に金を買おうと考えているようです。

「いちカイにヤリ」踏み上げ太郎さんは、今後の金相場の見通しをこのようにしています。
金鉱株の割安が続いているので、アービトラージの絶好のチャンスなのだそうです。
また、楽天証券では、「現在の金価格はインフレ修正後の価値に換算してみると1980年の高値より安い水準」と分析したレポートを発表しています。

また、春山昇華さんはブログ記事「ゴールド、The Power of Gold」で、金は、工業的には価値が下がっており、以前と比べれば実用性が低くなってきている金属なので、あとは、人々の心次第でどうにでも動くだろう」と、将来の金相場の見通しをしています。

金相場と為替の関係

世界の通貨である米ドル為替相場と金相場についは、通常は反対の値動きをするというのが金相場とドル為替相場の逆相関関係です。

米ドルの為替相場が上昇すると金相場は下降、米ドル為替相場が下降すると金相場は上昇します。
つまり、通貨価値が下がると為替相場も下がるので、金相場などの現物相場が上がるのです。

しかし、金価格の高値を更新していた2005年12月は、米ドルは金利の引き上げ、金利格差から、米ドル高となり、米ドル為替相場が上昇しているのに、金相場も上昇していました。
これは、通貨価値が下がり、物の価値が上がると言うインフレを懸念したアメリカ政府が政策金利を引き上げたことが、1つの要因となり、現物である金の価値が上がると考えられたために金が買われ、金価格が上昇したようです。

金産出量世界第3位の資源国通貨であるオーストラリアドルも、円に対する為替相場で金相場上昇の材料となりました。

このように、金相場為替相場と深いかかわりがあります。

金相場の価格の動向

世界の主要都市にある市場で24時間取引されている金相場の価格は日々変動しています。

金相場の価格はどのように決まるのでしょうか。

市場における需要と供給のバランスによって金相場の価格は決まります。

金の需給は景気、金融市場の動き、政府の政策など、世界規模の様々な要因によって変わってきます。
そして、日本の金相場の価格は、その日の海外相場の変動にあわせて決まります。
海外相場は米ドル建て(1トロイオンス=31.1035g当たり)で金の価格が発表されますが、それを日本では1g当たりの円建てに換算するので、日本で取引される場合の金の価格は、海外相場の値動きと為替相場の両方に関連して変わります。

金の需要は大きく「投資需要」「宝飾品需要」「産業用需要」の3つ分けることができます。

「投資需要」の内容としては、金相場の価格の値上がりを狙う投資、投資の分散化、他の投資方法からの切り替え、などがあります。

「宝飾品需要」としては、皆さんお持ちだと思いますが、指輪やネックレスと言った宝飾品の購入です。

「産業用需要」としては、電子産業において広く利用されていて、電気接点材料、半導体チップ、集積回路の材料として使用しています。

金相場の推移をわかろう

金相場のチャートを見れば金相場の推移がわかるので、それまでの金相場の傾向をつかみその後の予想を立てることができます。

金の価格は毎日変動します。
その金の価格や金相場の推移がわかるサイトには、日本金地金流通協会、石福金属興業、SUMITOMO GOLD、三菱ゴールドパーク、徳力本店、などがあります。

日本金地金流通協会は、金地金の健全な取引と正しい知識の普及をはかるために発足し、金相場の推移情報以外にも、市場動向やQ&Aなどもあります。

田中貴金属工業さんのサイトでは詳しい金相場情報が公開されていて、金を扱う多くの人がその情報を参考にしています。

田中貴金属工業さんのサイトでは、過去一ヶ月の日時の金相場の推移のチャートも掲載されていてるので、詳しい金相場の推移情報が得られます。

金価格のチャートには金相場推移の多くの情報が詰まっています。
金相場推移のチャートを見れるようになって、市場の状態をきちんと把握出来るようになりましょう。

金相場の変動要因は様々

どんなときに金相場変動するのでしょうか。

金相場変動には様々な要因があり、そして、その動きも一様ではありません。
また、各々の要因がお互いに影響しあった結果、金相場変動するのです。

世界の政治的・経済的な情勢が悪化すると、通貨の信頼は薄れ、その価値も下がってしまいます。
そうすると、金の需要が高まり金相場変動し、上昇します。

また、金は世界中で取引が行われています。
そのため、金相場変動を左右するのは、1国の需給関係だけではなくて、世界全体での需給関係です。
日本では、金の価格は米ドル建てで表示されるので、金相場変動以外にも為替の影蟹も受けます。

例えば、海外市場で金の価格に変動がなくても、円高・ドル安になると日本での金価格は下がり、円安・ドル高になれば金価格は上がります。
つまり、日本国内の金価格は、金相場変動と為替の変動の両方に影響されるのです。

また、金は、指輪やネックレスなどの宝飾品としての需要も金相場変動要因になります。

金価格と田中貴金属工業

田中貴金属は、金やプラチナなどの貴金属の精製や分析の他、これらを用いた工業製品の製造や販売もしています。

そして、地金売買についても「純金積立」などの資産関連商品を開発するなど、力を入れています。

また、田中貴金属は、ロンドン金市場公認溶解検定業者の認定を受けた日本で初めての会社で、国際市場で通用する技術で、金地金を製造する資格を持っています。

田中貴金属で扱う価格は変動する相場商品で、世界で共通する国際商品として取引されています。

金相場は世界中で24時間取引が行われ、ほぼリアルタイムの金価格田中貴金属で取引することができます。

田中貴金属で売買される金価格は、ドル建て価格を円建て価格に換算したものなんで、

金価格以外にも、為替相場も金価格に影響します。

円高になれば田中貴金属の金価格は安くなり、円安になれば田中貴金属の金価格は高くなるのです。

地金価格は、田中貴金属工業株式会社は、営業日の9時半、11時半、14時、16時と、1日に4回公表しますが、これ以外に金価格が変動した場合は、その時刻にあわせて田中貴金属工業サイトの地金価格も更新します。

金価格の変動について

どんなときに金の価格変動するのでしょうか。

金の価格変動には様々な要因があり、そして、その動きも一様ではありません。
また、各々の要因がお互いに影響しあった結果、金の価格変動するのです。

世界の政治的・経済的な情勢が悪化すると、通貨の信頼は薄れ、その価値も下がってしまいます。
そうすると、金の需要が高まり金の価格変動し、上昇します。

また、金は世界中で取引が行われています。
そのため、金の価格変動を左右するのは、1国の需給関係だけではなくて、世界全体での需給関係です。
日本では、金の価格は米ドル建てで表示されるので、金価格の変動以外にも為替の影蟹も受けます。
例えば、海外市場で金価格変動がなくても、円高・ドル安になると日本での金価格は下がり、円安・ドル高になれば金価格は上がります。
つまり、日本国内の金価格は、金価格の変動と為替の変動の両方に影響されるのです。

また、金は、指輪やネックレスなどの宝飾品としての需要も金価格の変動要因になります。

それぞれの金の価格の予想

世界中での相場が急騰しています。この先どのように動いていくのか、価格予測している方の意見を見てみましょう。

「2008年金相場見通し」と言うジム・ロジャーズ氏のブログ記事を見てみると、「しばらくの間下落するが、その後再び上昇し、現在よりもさらに高値になるだろう」と価格予測しています。

これまでの異常な高騰から将来の価格予測すると、今後一時下落し、そして、その時が投資の絶好のチャンスで、その時にを買おうと考えているようです。

「いちカイにヤリ」踏み上げ太郎さんは、今後の価格予測をこのようにしています。

金鉱株の割安が続いているので、アービトラージの絶好のチャンスなのだそうです。
また、楽天証券では、「現在の金価格はインフレ修正後の価値に換算してみると1980年の高値より安い水準」と分析したレポートを発表しています。

また、春山昇華さんはブログ記事「ゴールド、The Power of Gold」で、金は、工業的には価値が下がっており、以前と比べれば実用性が低くなってきている金属なので、あとは、人々の心次第でどうにでも動くだろう」と、将来の価格予測しています。

金の価格のどうやって決まる?

世界の主要都市にある市場で24時間取引されている金の価格は日々変動しています。

金の価格はどのように決まるのでしょうか。

市場における需要と供給のバランスによって金の価格は決まります。

金の需給は景気、金融市場の動き、政府の政策など、世界規模の様々な要因によって変わってきます。
そして、日本の金の価格は、その日の海外相場の変動にあわせて決まります。

海外相場は米ドル建て(1トロイオンス=31.1035g当たり)で金の価格が発表されますが、それを日本では1g当たりの円建てに換算するので、日本で取引される場合の金の価格は、海外相場の値動きと為替相場の両方に関連して変わります。

金の需要は大きく「投資需要」「宝飾品需要」「産業用需要」の3つ分けることができます。

「投資需要」の内容としては、金の価格の値上がりを狙う投資、投資の分散化、他の投資方法からの切り替え、などがあります。

「宝飾品需要」としては、皆さんお持ちだと思いますが、指輪やネックレスと言った宝飾品の購入です。

「産業用需要」としては、電子産業において広く利用されていて、電気接点材料、半導体チップ、集積回路の材料として使用しています。

金の相場を読む

金の相場は高騰を続けており、これからも上昇するだろうと予想されています。
金は長期的な資産の運用方法としては魅力的な商品だと思います。

金の相場が変動する理由は、基本的には需要と供給のバランスにありますが、それだけではありません。

昔から政治が不安定な時は金が買われると言われます。
経済が不安定になると、価値が無くならない投資先に資金が流れます。
つまり株式が不安定になったり、世界経済の先行きに不安が生じた場合には、株式市場や投資信託などのリスクの高いものから、比較的価格の安定した金に資産が流れると言うことです。

そうすると、金の相場は上昇します。
勿論これにもリスクはありますが、株券は紙くずになってしまうことがありますが、金は資産価値が無くなることがないので、投資家にすれば安心を買うと言ったことになるのではないでしょうか。

しかし、どんな投資でも買い時や売り時の判断は難しいですが、金の相場に関してもそれは同じです。

金の相場を知るには、日々の動向を見る事も大切ですが、中期的な推移も把握する事も必要です。

金の資産運用を考えよう

金の資産運用は、金の現物の購入、金先物取引、金貨や金の宝飾品の購入などがあります。
また、間接的にはなりますが、金鉱株の購入やゴールドファンドへの投資なども金の資産運用になります。

現物で金の資産運用をするには、金取引のための口座を開設して、欲しい時に欲しい分の金を、自分のタイミングで売買します。
また、一定の金額の金を毎月積み立てる純金積立は数千円単位で金の資産運用が出来ます。

先物売買で金の資産運用をするには、商品先物会社に開設した口座に一定の証拠金を入れて売買を行います。

金貨や宝飾品の場合は地金商や貴金属店、金鉱株は証券会社、ゴールドファンドは証券会社・銀行・保険会社で購入します。

金投資の場合、投資信託や株などと違い、金という現物を実際に所有すると言うものなので、用リスクはありませんが、価格の変動による市場リスクは伴います。

国際市場では金はドル建てで売買されますが、通常は日本で金の売買を行う場合は、円建てで売買されるため、金の投資には為替変動リスクが生じます。
また、他の投資と同じように、口座管理料や手数料が必要となる場合もあります。