金の売買手数料は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金の売買手数料は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金売買の手数料とは?

金売買をおこなうには手数料が必要になります。

例えばバーを1本銀行で購入しようとすると約6300円が金売買の手数料として必要になります。

他には地金型金貨と呼ばれる金貨を売買すると言う方法もあります。

投資を目的として作られている純度99.99%の地金金貨で、中国ではパンダ金貨、カナダではメイプルリーフ金貨、オーストラリアではカンガルー金貨といったような、それぞれの国のイメージに合った金貨が作られています。
「地金型金貨(コイン)」の場合は、割高にはなりますが、金地金を売買する時のように手数料はかからないので、少量の購入には良い方法でしょう。

インターネットの普及に伴って金売買の手数料は低下し、個人投資家の増加もあり、手軽に金売買をすることが出来るようになりました。

しかし、金売買の手数料も含めた金取引に対する正しい知識を持ち、現状をしっかりと把握することが必要です。

また、金売買の手数料には消費税がつきます。

購入する時は消費税を払うことになりますが、売却する時は消費税を受け取ることになります。

金地金の購入手数料について

貴金属販売店の店頭で金地金購入をする場合は金地金(バー)か地金型金貨(コイン)のどちらかの現物取引となります。

金地金購入の手数料は、その購入方法や購入する金地金の量によって変わってきます。

金地金購入の手数料については、500g未満ですと売買手数料がかかって割高になってしまうので、まとまった量を購入するのがよい方法でしょう。

「地金型金貨(コイン)」の場合は、割高にはなりますが、金地金を購入する時のように手数料はかからないので、少量の購入には良い方法でしょう。
また、傷さえつけなければ、若干のプレミアが付くこともありますので、売却する時に多少の上乗せも期待できます。

現物取引には、「金地金(バー)」「地金型金貨(コイン)」の他、「純金積立」もあります。

「純金積立」の場合は、毎月定額で少しずつ積み立てることが出来ます。
月額3000円くらいから金地金の積立が出来、高値掴みのリスクが軽減できますが、口座維持手数料(年会費)や毎月の金地金購入の手数料がかかります。

傾向的には、販売会社より先物取引業者の方が金地金購入の手数料は安いようです。