金投資の比較は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金投資の比較は? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金投資と色々比較をしてみる

株式や債権などの値動きと比較すると金投資の場合は、反対の動きをすることが多いため、他の金融商品が値下がりしても金でカバーできる可能性があることから、金投資は「資産の保険」と呼ばれています。

株式や債券などの場合は、その発行体が破たんすると「紙クズ」になってしまいますが、それと比較すると金投資は実物資産で発行体を持っていないので「紙クズ」になると言う破錠リスクがなく、致命的な損害を被る可能性は低くなります。

株式や債券などと比較すると金投資は、時期と量を何回かに分けて購入すれば、価格が変動しても大きなマイナスを防ぐことが出来ます。

金の現物投資をする場合、値段が下がって損失が出る場合があることや、手数料を考えても、現物の金投資と先物の金投資比較すると、「先物金投資」の方がリスクが低くなります。

金を購入する場合、他の金投資比較しても、手数料が安い先物で金を購入するのが1番安い買い方なのです。

他の投資と金投資比較すると、金の投資は儲けるのではなくて、金に投資することで安心や安全を買うというのが基本的な考え方で、一般的には、金に投資する場合は、資産の10%程度を目安とするのが安全だとされています。