金投資とは? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金投資とは? 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金投資とは?

金投資は資産を増やすのではなく、今ある資産を守るという性質のものです。

予測し得ない出来事が起こった時の準備のため持っていると考え方た方が安全です。

つまり、基本的な金投資に対する考え方は、投資で儲けるのではなくて、金に投資することで安心や安全を買うということです。
一般的には、金に投資する場合は、資産の10%程度が目安と考えられています。

金投資は「資産の保険」と呼ばれています。

金は、株式や債権などの他の金融商品の値動きと反対の動きをすることが多いため、他の金融商品が値下がりしても金でカバーできる可能性があるからです。

株式や債券などの他の金融商品の場合は、その発行体が破たんすると「紙クズ」になってしまいますが、金投資は実物資産で発行体を持っていないので「紙クズ」になると言う破錠リスクがありません。

金に投資する場合、時期と量を何回かに分けて購入すると、価格が変動しても大きなマイナスを防ぐことが出来ます。

また、売る場合も同じように分散して売る方が安全です。