住友商事と金地金 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

住友商事と金地金 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





住友商事と金地金

住友商事株式会社のグループ会社である住友金属鉱山株式会社は「菱刈鉱山」と言う世界有数の金鉱山を所有しています。

一般に、金鉱石1トンから採れる金は5グラム程度であるのに対して、この「菱刈鉱山」で採掘される金の量は、1トン当たり平均50グラムと言う桁外れな埋蔵量であるので、市場の相場が上がっても、住友商事のグループ会社である住友金属鉱山は金地金の価格にあまり影響を受けずに安定して供給を続けることができます。

住友商事のグループ会社である住友金属鉱山で金地金を購入する場合は、「金地金」の通信販売が基本です。
しかし、一度に金をまとめて買うのはリスクが大きいので、そんなときには、毎回決まった金額で金を購入することができる「純金積立」が良いと思います。

この「純金積立」は、その時の金地金の価格によって住友商事のグループ会社である住友金属鉱山が買い付ける事ができる金の量が変わってくるので、金地金価格が高い時には住友商事のグループ会社である住友金属鉱山が買い付ける量は少なくなり、金地金の価格が安い時は住友商事のグループ会社である住友金属鉱山が買い付ける量は多くなるという仕組みになっているのですが、確実に金を増やし続けることができます。

そして、この純金積立に申し込めば、金地金の価格が下がった時に住友商事のグループ会社である住友金属鉱山でいつでもスポット購入出来ます。