金地金の譲渡税について 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用

金地金の譲渡税について 金投資と投資信託の比較ではじめる資産運用





金地金の譲渡税について

税法上は「譲渡税」という名称はありませんが、不動産や金地金など譲渡に対する税金という意味で一般的に「譲渡税」と表現することもあるようです。

金地金を売却した時の所得は譲渡税の対象となり、給料など他の所得と合わせて総合課税され所得税と住民税がかかります。

譲渡所得の金額の計算
○所有期間 5年超の場合
{金地金の譲渡益(金地金の取得価額−金地金の売却価額)+金地金以外の譲渡益−譲渡所得の特別控除50万円}×1/2

○所有期間 5年以内の場合
{金地金の譲渡益(金地金の取得価額−金地金の売却価額)+金地金以外の譲渡益−譲渡所得の特別控除50万円}

営利を目的として継続的に売買をして金地金で得た所得は譲渡税とはならず事、業所得や雑所得として総合課税の対象になります。

ただし、金投資口座や金貯蓄口座などからの利益は金地金の現物の場合の譲渡税とは異なり、金融類似商品の収益として源泉分離課税となり、20%(所得税15%、地方税5%)の税率がかかります。
ただ、この分離課税は、他の所得と合算して確定申告する必要はありません。

長期譲渡所得と短期譲渡所得では課税方法が異なり、所有期間が短いほうが金地金に関する譲渡税の税率は高くなっています。